子宮内膜症解消ネットトップ > 子宮内膜症の種類

発生部位により病名が変わる

一言に子宮内膜症といっても、子宮内膜の発生場所や原因により病名が異なるのです。
例えば、子宮筋層の内部にできれば内性子宮内膜症、腎臓なら腹腔外子宮内膜症、卵巣は卵巣子宮内膜症という病名になります。
起こる症状にも若干の違いあり、病気の危険度も異なります。
ただし、どの内膜症であっても不正出血や性向痛が起こりますので、この症状が現れたら必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

内性子宮内膜症
内性子宮内膜症は内性子宮内の組織が子宮筋層内部に形成され増殖する病気です。症状が進行すると筋腫のようなこぶになる特徴があります。
子宮腺筋症
子宮の筋肉が子宮内膜に入り込んでしまい、子宮が肥大化する病気です。
外性子宮内膜症
卵巣、卵管、子宮筋層、直腸などの部分に子宮内膜が生じる病気です。チョコレート嚢腫が生じることもあります。
卵巣子宮内膜症
卵巣に子宮内膜組織が形成され、月経と一緒に出血した血液が嚢胞になってしまう病気です。
ダグラス窩子宮内膜症
ダグラス窩に子宮内膜症が発症した状態をいいます。膿がたまってしまうのが特徴です。
腹腔外子宮内膜症
腎臓に子宮内膜組織が癒着してしまう病気です。肺機能の腎機能に異常が起こる怖い病気でもあります。