子宮内膜症解消ネットトップ > 子宮内膜症関連の用語解説

「チョコレート嚢胞」古い血が溜まることで作られる物質

子宮内膜症は発症部位により嚢胞を形成することがあります。
嚢胞とは液体の入った袋状の物質で、子宮内膜症の場合には嚢胞内には古い血が入っています。
この古い血によって形成された嚢胞を子宮内膜症性卵巣嚢胞といい、チョコレートのように見えることからチョコレート嚢胞と言われることもあります。
成長した嚢胞は手術で摘出することになるため、症状を悪化させないよう注意しましょう。

チョコレート嚢胞とは?症状や治療について
子宮内膜症性卵巣嚢胞と言われる症状です。内膣に古い血液が蓄積されてることが原因です。