子宮内膜症解消ネットトップ > 子宮内膜症の症状性交痛や排便痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性交痛や排便痛

性交痛や排便痛は子宮内膜症が疑われる

子宮内膜症の症状の中でも、月経痛の次に多いと言われているのが、性交痛排便痛です。

月経痛が起こるのは、他の病気などが考えられるのですが、性交痛や排便痛が起こる場合には、子宮内膜症から引き起こされている可能性が高くなります。
ですから、性交痛や排便痛が起こったら、とにかく子宮内膜症の検査をするようにしましょう

性交痛のメカニズム

性交痛と言うのは、子宮の裏側と直腸の間に子宮内膜症が起こることで引き起こされる痛みです。
子宮の裏と直腸の間の子宮内膜が進行すると、癒着が起きてくっついてしまうんです。

こういった状態の時に性交をすると、子宮がつかれた時に癒着した部分が刺激を与えられるため、激しい痛みを感じます。突かれる度に痛みが起きるので、性生活自体が嫌になってしまう方も多いようです。
この症状の場合、パートナーに対してもきちんと説明をして、病気が原因になっていることを伝えましょう。

排便痛のメカニズム

排便痛は、排便をする時に下腹部に力を入れるため、それが子宮と直腸の癒着部分を刺激することで痛みが起こります。たまに痔と勘違いする方もいるようですが、痔の場合は、痛みが肛門部分に集中します。

でも、子宮内膜症から引き起こされるはい便通は、肛門よりもさらに内臓部分に入った、子宮付近で起こるので分かりやすいでしょう。排便痛の場合、子宮内膜症だけではなく、痛みが怖くて排便が出来なくなり、便秘になってしまうこともあります。

どちらの症状も人に言うのは恥ずかしいかもしれませんが、子宮内膜症の診察の時には、きちんと医師に排便痛のことを伝えてください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加