子宮内膜症解消ネットトップ > 子宮内膜症の症状子宮筋腫を合併しやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮筋腫を合併しやすい

合併症は重篤な状態になる危険性が

子宮内膜症は子宮筋腫と合併しやすいという注意点があります。
子宮内膜症だけでもつらいと思いますが、それ以外の病気、症状と重なることによってもっと重篤な状態になる場合もあります。

約4割の人は子宮筋腫も発症している

子宮内膜症の合併症としてよくあるのが子宮筋腫です。
子宮内膜症は子宮以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気ですが、子宮筋腫は子宮内膜症と同じような症状が現れるのが特徴です。

子宮内膜症でつらい思いをしているのに子宮筋腫までできるとさらにひどく、日常生活にも支障が出てしまうこともあります。子宮内膜症と子宮筋腫を合併して発症している人は、子宮内膜症を患っている人の3割から4割に上るといわれています。

年齢を問わず発症する病気

特に年齢を見ると30代後半の女性に多く発症しやすいのですが、最近は、少し違ってきて妊娠、出産を経験していない若い世代の女性でも発症する場合がある事がわかっています。
子宮内膜症や子宮筋腫をもったまま妊娠をすると流産になったり、早産を起こす恐れもありますし、胎児発育遅延などほかの合併症も引き起こすことになります

子宮内膜症と妊娠について

子宮内膜症と子宮筋腫は合併症としてよくある症例ではありますが、それに妊娠などが加わるとさらに問題は大きくなります。

子宮筋腫と胎盤の付着している部分によっても違いはありますが、胎児への影響がかなり大きくなることもあれば、まったく妊娠に影響せずに、順調に普通の妊娠生活を送れることもありますから、人によっても、出来ている部分や大きさによっても違いがあると言えます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加