子宮内膜症解消ネットトップ > 子宮内膜症の症状不正出血には要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不正出血には要注意

月経とは関係なく出血する症状

子宮内膜症になると、痛みだけではなく不正出血という症状が現れることがあります。

通常、子宮にある内膜は女性ホルモンの影響などによって剥がれ落ちると、生理となって出血が起こります。
でも、子宮内膜症の場合だと、女性ホルモンの影響はあまり受けません。
そのため、月経とは関係なく出血するので、不正出血という症状が出るんですね。

子宮内膜が消化器官へ癒着している可能性が

不正出血が出るのは、特に消化器系の器官に子宮内膜が出来てしまっている可能性が高くなります
また、卵管の周辺に出来ることもあります。こういった場所に出来る子宮内膜は要注意です。
と言うのも、この付近に子宮内膜症が起こってしまうと、不妊症になってしまうことが多いからです。

不正出血は体の異常を知らせるサイン<

不妊症の原因はなかなか突き止めにくく、そのため辛い治療に耐えている方も多いでしょう。
子宮内膜症は手軽に治療出来るものではないので、もし不妊症を併発してしまった場合、さらに治療が大変になります。ですから、少しでもおかしい出血があった場合には、すぐに診察を受けましょう
逆に、不正出血がないという場合でも、妊娠しにくい、何をしても妊娠しないという方は、子宮内膜症なのかもしれません。

また、子宮内膜が出来ている部位によっては、癌を発症することもあります。
不正出血があるということは、子宮内膜症が進んでいるということですから、癌化する可能性も高くなります。
いずれにしても、健康な身体なら出血をすることはないんです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加