子宮内膜症解消ネットトップ > 子宮内膜症の治療について疑問

閉経までは再発する可能性が高い

子宮内膜症の治療には薬物治療と手術療法が用いられますが、現在はホルモン薬を使った治療が主流になっています。
具体的には薬により卵巣機能を下げ、エストロゲンの分泌をコントロールすることで症状の緩和を図ります。ホルモン薬治療で効果が出ない場合には手術を選択することになります。

どの治療法を選択するのかは、妊娠や出産を望むかで大きく異なりますので、この先についてしっかり考えてから答えを出すようにしましょう。

主な治療法について
子宮内膜症の治療は、低用量ピル、ジェノゲスト、GnRHアゴニスト、ダナゾールなどのホルモン薬を使ったものが主流になっています。
完治はするの?
閉経まで再発を繰り返すケースが多く、完治するのが難しい病気と言われています。
再発はしやすい?
月経がある間は再発しやすい特徴がありあます。ただし、治療により症状の緩和をはかることは可能です。