子宮内膜症解消ネットトップ > 検査の内容超音波検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超音波検査

超音波で卵巣・子宮の状態を確認する検査法

子宮内膜症はとても診断が困難な病気でもあります。
普通は問診と内診、そして超音波検査などを行うのですが、それらを行った上で子宮内膜症かどうかがやっとわかるほど見つけにくい病気なのです。これは臨床診断と呼んでいます。

子宮内膜症の超音波検査はいわゆるエコー検査といわれているもので、超音波を出している機械を使用して、卵巣、子宮の状態をお腹の上からでも調べることができるのです。
お腹の上から当てる方法のことを腹式エコーと呼び、超音波を送受信する器具であるプローブというものを膣の中に入れて検査をする方法が膣式エコーと呼ばれます。

腹式エコーと膣式エコーについて

一般的に、どちらの超音波の検査で行われるかは、そのときの状況によって見なければわかりませんが、腹式エコーなら、お腹の上にジェルを塗って、その状態でお腹の上に器具を当ててモニターで見ていくことができるので、痛みの心配はないのです。

ですが膣式エコーの場合には膣の中に器具を入れますので、それなりに痛みや、人によってはつらさを感じることもあるかもしれません。緊張などしてしまうことで力を入れているとさらに痛みが伴いますので、力を入れずにリラックスして、そして息を吐きながら横になっているといいでしょう。

超音波は子宮内膜症の発見に欠かせない検査

どちらの検査方法でも子宮内膜症を見つけるのに役立ちますし、子宮内膜症の検査では必ずといってもいいほど行われる検査です。妊娠しているかどうか、妊婦検診などでも行われている検査方法でもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加