• このエントリーをはてなブックマークに追加

内診

内診で子宮・卵巣の状態を確認する

子宮内膜症の診察は、問診で症状を聞いてから内診をするケースが大半です。
内診は膣から指を入れてお腹の上においた片方の手で子宮の大きさ、卵巣の大きさ、柔らかさなどもチェックします。これによって子宮後屈なのか前屈なのかがわかるのです。必要な場合には直腸診という肛門からも指を入れて診察をするといったこともあります。

内診内容について

内診では指を入れた検査以外にも、腔鏡という筒のような形をしている器具を使って、子宮の入り口の状態や様子を見たり、分泌物を採取したり、子宮頸がんや子宮体がんの検査をするために子宮口、子宮内膜の細胞をこすって細胞の検査をすることもあります。
細胞を採取することでがん細胞の有無を調べるのです。

子宮内膜症の内診検査はすべての人が行うわけではありませんが、不正出血があったり、生理痛がひどいなど、つらい症状が現れている人は、必ず必要となる検査だといっていいでしょう。
内診をすればそこから得られることはとても多く、情報を得るためには必要な検査なのです。

腔鏡検査はリラックスが大切

腔鏡といった筒状のものを子宮口から入れるときはちょっと痛みを感じることもありますが、痛いからと言って変に力を入れていると逆に痛いので、力を入れずにリラックスすることが大事です。
膣を広げ、そして子宮口の状態を見ることができるのですが、おりものの状態や子宮頸部の状態もチェックすることができます。指を入れて内診をするときもリラックスして息を吐いているといいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加