子宮内膜症解消ネットトップ > 子宮内膜症の検査内容

子宮内膜症は何科で診てもらうのか

子宮内膜症かどうかを調べたくても何科を受診すればいいのか悩んでいる方が多いようです。
近くに子宮内膜症の専門医ががあれば最良なのですが、非常に数が少ないため、都合よく専門医があることはないでしょう。その場合、婦人科、産婦人科を受診するようにしてください。
また、月経状況や腹痛を、排尿痛などでもある程度の判断ができますので、気になる方はセルフチェックから始めてみるのもいいかもしれません。

何科で診てもらうの?
子宮内膜症は子宮内膜症外来、産婦人科、または婦人科で診てもらうのが一般的といえます。
検査の主な流れ
子宮内膜症の検査には、血液検査、超音波検査、MRI検査、腹腔鏡検査などが使われています。
子宮内膜症のセルフチェック
セルフチェックでは月経時の痛みの強さ、血の状態、その他症状などを確認していきます。

検査結果を総合的に判断し確定診断につなげる

子宮内膜症を発症しているかどうかは医療機関で検査を受ければ判断することができます。
診療科は産婦人科、または婦人科が診て貰うのが妥当でしょう。

検査では血液検査、エコー検査、MRI検査などが主に用いられています。
子宮内膜症は進行すると不妊症や癌の原因にもなりますので、症状に思い当たる人は必ず医療機関で検査を受けるようにしましょう。

問診
問診では症状の詳細、症状が現れた時期、初潮についてなどが質問されます。
内診
内診では膣から指を入れもう片方の手で子宮・卵巣の大きさ、柔らかさなどをチェックしていきます。これにより子宮後屈なのか前屈なのかが判断できます。
超音波検査
超音波を使った検査法で卵巣、子宮の状態を皮膚の上から調べることができるのです。なお検査法には腹式エコー、膣式エコーの2種類があります。
MRI
磁気を使用した検査法で、内膜症病変の場所や癒着部分がどのような状態かを調べることができます。
血液検査(CA125)
血液検査では腫瘍マーカーCA125の数値を調べていきます。数値が35u/ml以上の場合には子宮内膜症の発症が疑われます。