子宮内膜症解消ネットトップ > ヘアケアについて

最近では薄毛に悩む人が年齢に関係なく増えています。薄毛の問題はなんで起こってしまうのでしょうか。
女性の薄毛の原因として大きいのが「生活習慣」による影響です。その影響を少しでもクリアにするために以下のポイントを気をつけましょう。

食生活に気をつけよう

髪の毛は私たちが食べるものによって大きく左右されます。なぜなら食事から摂る栄養分が頭皮に送られて、髪の毛が作られるからです。もしかたよった食生活や無理なダイエットによって、栄養分が不足したりかたよってしまうと、髪の毛の成長に十分な栄養素が行き届かなくなり、薄毛の原因となってしまうのです。
そのため食事では栄養バランスの良い食生活を心がけるようにすることがとっても大切なのです。

十分な睡眠をとりましょう

髪の毛は睡眠中に作られますので、しっかりと寝ることは大切です。
そのためにはゆっくりとお風呂に使って熟睡できるような環境を作りたいですね。お風呂にゆっくりつかることで血行が良くなり、頭皮への影響もよくなります。
お風呂は髪の毛にいいだけではなくお肌の老化防止にも役立ちますのでしっかりと入りたいですね。

髪の毛に悪影響な環境を避ける

髪の毛に悪影響を及ぼすような行為としてはパーマやカラーなどがあります。例えばパーマに含まれている合成界面活性剤は、髪の毛に大きな負担を与えるために毛が細くなる原因になりやすいです。施術をする際は極力頭皮につかないように配慮されると思いますが、どうしても頭皮に付着することもあると思いますので、できる限り回数を減らすようにしたいですね。

あとドライヤーも気を付けたいですね。熱が強いと頭皮が乾燥してしまったり、悪影響を及ぼしてしまいます。
できればしっかりとタオルドライしてなるべくドライヤーを使わないで乾燥させたいです。

シャンプーに気をつけましょう

シャンプーによっても頭皮環境に悪影響を及ぼしますので気を付けたいポイントがあります。
それは合成界面活性剤が使われているかどうかということです。これが含まれているシャンプーは皮脂の汚れを強力に除去してしまうため、頭皮に必要な皮脂も取り除いてしまいやすいです。その結果、頭皮のバリア機能が弱くなって、細菌やカビが繁殖しやすくなり、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルにつながりかねません。
そのような悪影響を極力避けるためにできれば無添加のものを使用したいですね。
可能であれば頭皮ケアもできる育毛シャンプーがお勧めです。女性用の育毛シャンプーでは「マイナチュレ」が優秀です。無添加ですし、頭皮のヘアサイクルを整えるため成分がたくさん含まれているため、これ1本でヘアケアができちゃいます。