子宮内膜症解消ネットトップ > 子宮内膜症について

若い女性に多く見られる病気

子宮内膜症は20~30代の女性を中心に増加している病気です。
この病気は逆流した月経血が子宮内膜細胞に入り、腫瘍を形成することで起こります。

腫瘍の多くが心配のない良性腫瘍なのですが、発生場所によってはがん化することもあるため注意が必要です。
一度発症すると長い期間、病気と付き合うことになりますので、日頃から体に起こる異常を見逃さず、症状が軽いうちに治療を行えるようにしましょう。

子宮内膜症ってどんな病気?
子宮内膜細胞が子宮以外のところでも癒着し、細胞から出される血液が溜まってしまう病気です。不妊症やがんの原因にもなりましすので注意が必要です。
30代、20代の方は要注意。なりやすい人や年齢
20代~30代の比較的若い女性が発症しやすい病気のため注意が必要です。
原因は何?
この病気を起こす原因は子宮内膜移、植体腔上皮生、アレルギー反応などが関係しています。
放置しているとどうなるの?
症状を放置すると症状や状態の悪化が起こり痛みが強まる危険性があります。
遺伝はするの?
遺伝の可能性については未だ解明されていませんが、発症に関連するCDKN2BAS遺伝子領域という遺伝子は発見されています。
予防することはできるの?
原因が解明されてないため、確実な予防法は確立されていません。ただし、生活習慣の改善などを行うことで予防につなげることはできます。
子宮内膜症の癌化はあるの?
宮内膜症が卵巣に発生した場合には、腫瘍が悪性化し癌になることがあります。
子宮内膜症と子宮筋腫の違い
共に腫瘍を形成する病気ですが、発生場所や原因物質に大きな違いがあります。